料理

【60分で4品】一人暮らしのがんばらない作り置きのススメ

一人暮らしを始めた時は節約のためにも、自炊をがんばりますよね。でも、仕事が終わった後にご飯の準備をするのは、結構大変です。しかも家事は自炊だけじゃないので、毎日時間がかかると、めんどうになります。

あおい
あおい
私も毎日1時間、夕食に時間かかるのがしんどかった…!

なので、毎日の自炊は諦めて週末にまとめて作る【作り置き】にシフトしました。おかげで、平日夜にゆっくり本を読んだり、映画を見たり自分の時間を捻出することができました。今回は、私の【がんばらない作り置き】をご紹介します。

こんな人に見て欲しい
  • 自炊して節約したいけど、どうすればいいか分からない人
  • 毎日の自炊が大変な人
  • 自炊を続けるコツを知りたい人

これらに当てはまる人は、ぜひ最後まで読んでみてください!

自炊ってめんどくさい事を知ろう!

まず、一人暮らしで自炊をするときは【頑張りすぎない】ことがとても大切です。自炊をするって、結構たくさんのことを決めないといけません。

  • いつ買い物をするのか
  • どんな食材を使うのか
  • レシピは何にするのか

などなど、考えることはいっぱいです。考えることが多すぎると、人ってめんどくさくなる生き物です。この【料理】を作るまでの過程がめんどくさくて、自炊が長続きしない人が多いのです。

私も最初は、毎日夕食は自炊していましたが。2週間くらい経つと、レシピを考えたり、毎日キッチンに立つことがめんどくさくなってきました。なので、食事メニューを考える頻度を減らすことが自炊を続けるコツです。

あおい
あおい
ハードル低く、ご飯を炊けた自分を誉めてね!

週末に【作り置き】をするメリット

自炊を続けるには、いかにキッチンに立つ回数を減らすかが大事だとお伝えしました。作り置きは毎日キッチンに立たなくていいので、一人暮らし初心者の方にこそおススメです。作り置きで自炊を続けるメリットをここではお伝えしますね!

買い物の回数が減る

自炊のめんどくさくなるポイントは【何を買う】かと【何を作る】かです。そのために、週末に1度まとめて、食材の買い出しに行きましょう!

そこで、安くなったものを買うのもいいですし、自分の冷蔵庫に入れておく常備野菜などを決めてそれだけ買い出しするのもいいですね。そうすることで、毎日のように買い物をしなくていいので、自炊へのハードルは下がります。

食材をムダにしない

1人分の夕飯をつくときに用意する野菜やお肉って、ほんのちょっとずつでいいですよね。

  • 玉ねぎも2、3枚薄く切れば十分
  • 鶏肉も半分だと多すぎる!

全然食材が減らなくて、気が付いたら痛んでいることもよくあります。なので、買ってきた食材で作りきれる量の料理をすれば、ムダがありません。買ってすぐに料理しちゃえば、新鮮なまま食べられます。分量も多い方が料理しやすいので、本当に一石二鳥です!

料理を作る回数が減る

週末にまとめてつくり置きをすることで、帰宅後はその作り置きを温めるだけでよくなります。作り置きの減り具合で、追加で料理をしないといけないこともあるかもしれません。それでも、1から料理をすることを考えれば、その時間はグッと低くなります。

食事に対するストレスがなくなることで、自炊を続けやすくなります。

作り置きは週末にまとめて行う

キッチンに立つ回数を減らすためにも、まとめて料理を作って置いておく【作り置き】は一人暮らしの強い味方です。

ただ、その作り置きも作るまでに手順の多い物だと、時間がかかりすぎて料理をすることが嫌になります。なので、私はできるだけ手順の少ないもので作り置きを行っています。

【煮る】【炒める】【ゆでる】【蒸す】の4つをうまく使えば、60分で4品作ることができます。自分で食べることが前提なので、あまり凝らずにシンプルな料理ばかりです。

あおい
あおい
参考になれば嬉しいです!

しめじの柚子胡椒あえ

まず最初に電子レンジを活用して1品作ります。電子レンジを使っている間に、他のことができますからね。ながら作業にはとてもおススメです。

【材料】

  • しめじ…1株
  • 柚子胡椒チューブ…数㎝
  • めんつゆ…少々

たったこれだけの、お手軽レシピです!手間もしめじの下の部分をカットし、手で1本ずつ切り離していきます。それを耐熱容器に入れ、ラップをします。

500Wの電子レンジで2分加熱します。その間に、鍋に水と卵入れ、ゆで卵と副菜を作る準備を行います。ゆで卵はお弁当にも、朝ごはんにもなるのでよく常備しています。

加熱が終われば、レンジから取り出しラップを外します。冷めるときに味が一気に染み込むので、このまま一気に味付けを行います。柚子胡椒をお好みとめんつゆを入れて一気に混ぜ合わせます。これで1品完成です!

ピーマンのおかか合えとゆで卵

電子レンジでしめじを調理中に、ピーマンをカットしておきます。

お弁当に入れることも考慮に入れ、少し小さめに切ります。その間にフライパンを温めておきます。

右側のお鍋ではゆで卵を制作中です。沸騰してから、キッチンタイマーで7分セットし、鳴ったらお湯を捨てて卵を冷まします。その間にピーマンのおかか合えを作ります。

(※レシピはCOOKPADから:お弁当に、おかかで美味しくなるピーマン

このレシピはピーマンを煮詰めている時間があるので、その間にもう一品お肉の主食を作ることが多いです。スーパーでお肉の安かったものや、その日何が食べたいかで決めるので、作るものはまちまちです。

この日は鶏むねとキャベツの炒め物を作りました。ここまで、料理を初めて1時間です。

あおい
あおい
ほったらかしのできる料理を平行して作るのがポイントだよ!

がんばらない一人暮らしの作り置き|まとめ

一人暮らしの節約のために、自炊を頑張っている人は多いと思います。でも、食材を買う、レシピを考える、時間がかかるなど手間が多いと自炊を続けることが大変になります。

まずは平日の料理回数を減らすために、時間のある週末の作り置に挑戦してみましょう。手間のかかるものじゃなくいていいです。シンプルなレシピを選びましょう。そうすることで、自炊も習慣化してきますよ。

あおい
あおい
がんばりすぎず、うまく手を抜きながら自炊しましょうね!